季節・限定商品

世界初の宇宙酒

龍馬と宇宙のパワーがあなたの夢を叶えます
司牡丹・土佐宇宙酒「宇宙龍」

司牡丹・土佐宇宙酒「宇宙龍」
(純米吟醸酒)数量限定

今年の宇宙酒は完売いたしました。

皆様、大変お待たせいたしました! 2006年、世界で初めて誕生し、全国で大変な話題となり、製造本数2万3千本が発売解禁後わずか4ヶ月で完売して伝説となった、「司牡丹・土佐宇宙酒」の5年目の新酒が、さらにパワーアップし、しかも2アイテムに増殖して、いよいよ販売開始となりました!

司牡丹・土佐宇宙酒「宇宙龍」 720ml
酒質 純米吟醸酒
日本酒度 +3前後
酸度 1.3前後
アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
原料米 土佐宇宙米(宇宙を旅した高知県産酒造好適米「吟の夢」100%使用)
使用酵母 土佐宇宙酵母 (宇宙を旅した高知県産酵母100%使用)
原料米(精米歩合)
酒母・麹米 55%
掛米 55%
価格 2,484円(消費税込み)
容量 720ml
(300mlはこちら)
化粧箱入

<ご注意>

酒類の購入には、年齢制限がございます。
20歳未満の購入や飲酒は法律で禁止されています。 司牡丹酒造(株)では20歳未満の方は、酒類の購入は出来ません。必ず年齢確認された上でご購入ください。

送料はこちら
司牡丹生鮮酒<春>土州霞酒
司牡丹・土佐宇宙酒「宇宙龍」 300ml
酒質 純米吟醸酒
日本酒度 +3前後
酸度 1.3前後
アルコール分 15度以上16度未満
原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
原料米 土佐宇宙米(宇宙を旅した高知県産酒造好適米「吟の夢」100%使用)
使用酵母 土佐宇宙酵母(宇宙を旅した高知県産酵母100%使用)
原料米(精米歩合)
酒母・麹米 55%
掛米 55%
価格 1,026円(消費税込み)
容量 300ml
(720mlはこちら)

<ご注意>

酒類の購入には、年齢制限がございます。
20歳未満の購入や飲酒は法律で禁止されています。 司牡丹酒造(株)では20歳未満の方は、酒類の購入は出来ません。必ず年齢確認された上でご購入ください。

<ご注意>
720ml(4合)未満の小瓶につきましては、お熨斗と包装を承ることができません。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
送料はこちら

まずはごく簡単に、「宇宙酒」とは何かをご説明いたしましょう。2005年、高知県産の日本酒酵母が搭載されたロケットが宇宙に向かって打ち上げられました。そして国際宇宙ステーションに滞在し増殖した宇宙育ちの「宇宙酵母」は、その後無事地球へ帰還。2006年、世界初の宇宙酒の誕生となったのです。そして、宇宙を旅していたのは実は酵母だけではありませんでした。高知県産の酒米である「吟の夢」と「風鳴子」も、実は宇宙を旅していたのです。この「宇宙米」は、毎年少しずつ栽培面積を増やし、本年3月21日(3、2、1、発射!)いよいよ発売解禁となる2009年産「宇宙酒」より、「宇宙米」100%の「完全宇宙酒」となるのです。しかも、これまで「宇宙純米吟醸酒」1アイテムしかなかった「宇宙酒」に、あらたに今回より「宇宙純米酒」も新登場。さらに司牡丹の「宇宙酒」は、完全リニュアルしてグンとパワーアップ!一方は「龍馬の如き壮大な夢が宇宙大に膨らむ吟醸酒」!もう一方は、「宇宙のパワーが味方してあなたの夢を叶えてくれる純米酒」!どちらもあなたの夢実現に大きく貢献してくれるはずです!・・・では早速、その2つの「宇宙酒」を、以下にご紹介いたしましょう。

司牡丹・土佐宇宙酒「宇宙龍」(純米吟醸酒)
「宇宙龍」の命名は、司牡丹との因縁も深い、土佐の英雄・坂本龍馬に由来します。龍馬の生まれた天保6年(1835年)は、約76年に1度のハレー彗星が地球に接近した年。そのため、この彗星の姿から龍馬と命名されたという説や、龍馬の魂はハレー彗星に乗って宇宙からやってきたいう方までいるほどです。また大政奉還が成った後、自ら作った新政府の役職案の中に龍馬の名がないことから、これから何をするのかと訊ねる西郷隆盛に対し、「世界の海援隊でもやりますかのう」と答えたという有名な逸話があります。もし現代に龍馬が生きていたなら、きっと「宇宙の海援隊でもやりますかのう」と答えたのではないでしょうか。そんな龍馬の如き壮大な夢が、宇宙規模に膨らんでゆく酒が、この酒「宇宙龍」なのです。非常に高い香気が、豊かな旨みとともに口中で膨らんでゆき、そして龍馬の如き壮大な広がりを感じさせ、まるで宇宙をひと飲みしたような味わいが堪能できることでしょう。

「未成年者の飲酒は法律で禁止されています。」「妊娠中・授乳期の飲酒は胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。」「飲みすぎに注意!」「お酒は適量を」

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記

↑このページの先頭へ